2014年01月15日

パパパパParody in ダイアロス Vol.33


皆さんどうも!
紙袋お初装備のこなものさんだよー ヒューッ!



そんなわけで年をあけまして年始の挨拶をすっ飛ばしつつ、
今年入ってお初取材に伺いましたのさ





ダイ33カイダヨー







マヤ正面

マヤ横

再現者:「菌糸類」さん

コンセプト:
蒼き鋼のアルペジオ」より
メンタルモデル(仮) マヤ

元ネタ参考:
pixiv大百科:マヤ(蒼き鋼のアルペジオ)
紹介ページ



【基本設定】
種族:にゅたこ
顔:1顔
髪:ウィッグにより不問→茶色


【装備】
    
防具
頭:ロングストレート ウィッグ→髪色反映
手:なし
胴:シルヴァンガード チュニック→課金赤
パンツ:赤ずきんちゃん スカート→デフォ色
靴:縞々ソックス ローファー B→課金赤
肩:ノマド ケープ カラー→課金赤
腰:魂振の腰巻

装飾
胸:大きい胸リボン→デフォ色


【再現ポイント】
・アニメでマヤを見た時に「これかわいい!できそう」という印象から
 そのまま全装備決めてイメージと一致したところ。

・装備が綺麗に赤く染まり、またデフォルト色でも赤い装備で合わせてみた結果、
 色の統一感がよかった。

・特に胴の装備(シルヴァンガード チュニック)がそっくり


【再現者からの一言】


「カーニバルダヨー!                     

カーニバルダヨー!

                      カーニバルダヨー!」


(このデータは壊れています)



マヤポーズ2 マヤポーズ3




というわけで、菌糸類さんありがとうございます。
今回も一目で「おぉ」と声が出てしまうクオリティで楽しかったです。


また、マヤは作中でもピアノを弾いていることがありますが、
当然そちらの演出も再現済みでした。


ピアノ2

さらに細かい設定として
「ナノマテリアルで再現されたピアノは鍵盤配置がめちゃくちゃだった。」
という点、画像では映していませんが音楽0で再現されていました。
(さすがやでぇ)


そして本音を言うと、艦むす系の取材と思って臨んでいたため
「あー!こっちかー!」と驚いたのもまた楽しかったひとつです。


というわけで第33回、ありがとうございました!



2013年12月26日

モンパレの資料2


Dランク統一表で固定観念を植え付けてしまったので、
D統一させない表も持ってきました。
簡単な話、Wikiのランキングにあるやつですね。


ふつう25Lv表
14/1/2更新
降順ソート画像は後に変更します。


たしかにこれ見ると、バランスとれてるんだよなぁ・・・なんて思ったりしますね。
っつーわけでこのまま各部門ソートしてみました。


あ、先に言っておきます。
アークデーモンとマジカルハットがトップに入り込んでたりしますが、
(現在)性格固定のため、話半分で聞いてください。
(キャプスラ、キャプももも)
ふつう性格に逆算したものも入ってるから、そっちなら印象通りです。

HP
HP降順


MP
MP降順

攻撃
攻撃降順
キラマ(144):首狩りとキースの間

守備
守備降順
キラマ(120):ようじゅつしとメガザルロックの間位

すばやさ
早さ降順

かしこさ
賢さ降順

こんな感じ。
切り分け・マスの色については、おおまかな数値で切ったところです。(前記事同様)
TOP10とちょっと先見えればいいかなって思った次第。

統一表でちょっと評価を下げてしまった感があった高ランクモンスターたちも、
こう並ぶとバランス取って上の方にいたりするのね。っていう反省

アークデーモンとマジカルハットについては、前記事の通り
普通性格の逆算も表に載ってます。



あとがき
ニコのブロマガに載せようと思ったけど、でかい画像載せきれないから
前記事含めこっちに載せました。


2013年12月22日

モンパレの資料


例の資料(ふつう性格25レベルDランク統一表)です。
※普通せいかく25Lvの表をDランクのステータスの値にしたものです。

ランクの差を以下の倍率で計算。

HP:1.22
MP:1.21→1.215
攻撃:1.22
防御:1.21
すばやさ:1.2→1.21
かしこさ:1.22


13/12/24追記:
資料の情報が古かったこともあり、見直しと多少修正してきました。
倍率も少々資料参考に数値変更しました。
リリパット・トロルがやや大きめに。
ゴールドマン・ミミック辺りの数値が多少変化したかもしれません。

13/12/25追記:
アークデーモンとマジカルハット追加しました。
XXX.2の番号の方が普通性格に逆算したものです。
今後普通に捕まえられるようになったら役に立つ情報です。

14/1/2追記:
Wikiのふつう性格50Lv→25Lv逆算の情報
また、50Lv時の近い数値のモンスター比較等で大まか数値が
近いことを確認して、キラーマシンを反映させました。

比較対象(強敵イベ50Lv数値が近い・ランク上げ計算等で調整比較)

HP:シルデビ MP:C化ゴーレム1.7倍 攻:C化ドラゴン
防:Cゴールドマン+α位 早:シルデビ 賢:Cゴレ+α位 
の数値を元にWiki逆算ステと合わせてみました

メタキンはちょっと待ってね(欲しいけど捕まえられない)
情報集めてからね


なお、倍率はwiki「ランクアップ」項目ページよりの情報(数値を少々切り捨てしてるかも)を参考。


D統一表


~使用上の注意~
・一部データが抜けてる箇所があります。wikiになかったりで後に埋めると思います。
・wikiの普通性格25レベルの表を元に作りましたが、誤差・情報の信用性などは
 今後できるだけ詰めていくつもりです。
・Dランクで統一しているせいで印象が変わることもありますが、
 元ランクのことも忘れないで頂きたい。
→Dより下は強いじゃん。と思ってもランクアップが必要ですし、
  Dより上は弱く感じることがあるかもしれません。
・マスを染めた基準は昇順降順で大まかな数値で切り分けた結果です。
表の工夫については、今後リスナーさん達と突き詰めたいと思います。



~考察~
D基準の理由について
中央足止め時代に作ったのもあり、F~Cランクの中で考え、
元々Dのモンスターが多く(計算誤差が生じない)
また、Eの探索ランクアップで狙える意味もあり現実的な辺りだと思ったからです。
あと、大体真ん中だからこれまた計算回数が偏らないような位置で。


私はこれで個体値(?)を見る目的として使ってます。
このモンスターはHPが高いけど、この辺が低いとか説明しやすくなるとは思います。
性格選びにも多少役に立つかもしれません。
紋章の実装で多少夢物語でもなくなったこともあり、
それなりに意味は成すと思います。

本当は表を貼り付けたかったけど、ブログにソートできるような表
てのがすぐには厳しそう?だったため、とりあえず画像でお届けしました。



あと適当に言いたいこと
前衛はゴーレム・キラーアーマー等を参考にすると、
攻撃は120~130位が攻撃力的に優れているんじゃないか?
とかおおまかな基準を決めると比べやすいと思います。

あと資料の数値の見直しは、近々お休みで長い時間できた時にでも見直します。
まずは情報の集まりを待ったり、タイミングを待ったり

あとヒューマンミスがあるかもしれないため、
「おまえのところの参考にしてひどい目にあったわ」等の苦情はお控えください。
ただ、改善と修正の指摘はありがたいです。
2013年12月16日

パパパパParody in ダイアロス Vol.32


皆さんこんばんわ、ジョン・カミブクラです。
嘘です。


12月も半ばに入り、今年ももう終わりですね。


今年ももう・・・おわる・・・



コートジボワール!



と、某宇宙海賊から好きな語録を頂いたところで
今回のご紹介に入ります。





では、素敵な32回はじめましょー



正面1  横1

正面2  横2
日食グラス外したver

再現者:「物まねさん吉」さん

コンセプト:
勇者ヨシヒコシリーズ」より
ヨシヒコ

元ネタ参考:
紹介ページ



【基本設定】
種族:にゅたお
顔:1顔
髪:5髪→黒色


【装備】
武器
左手:スカバード シールド→茶色
    
防具
頭:ハード バーグラー バンダナ カラー→紫色
手:アラジン ブレスレット→茶色
胴:稀人の衣→白色
パンツ:デザイン パイレーツ パンツ カラー→白色
靴:デザイン パイレーツ ブーツ カラー→課金黒
肩:フロー マント→紫色
腰:アンテイル ベルト→デフォ色

装飾
顔:マスカレード→赤色
腰:混沌の鍵束


【再現ポイント】

・決め手は「フローマント」。
 マントに関しては色々試したが、このマフラー部分があると無いとでは
 イメージが全然違うため、フローマントを見つけた時「これしかない」と思った。

・マスカレード・混沌の鍵束についてはこだわった結果。
 マスカレードは金環日食観察用の日食グラス(仏を拝む時に使用)を演出している。
 鍵束も印象的にあると近いため採用。


【再現者からの一言】


「かなりこだわったので、集めるのに苦労しましたが・・・
ちょっとした組み合わせで色々できたのが良かったですね。」




今回ツイッターより連絡を頂いて取材に至りましたが、
待ち合わせ場所について、(本音を言うと)一目でわかりニヤついていました。

また装備も色々研究されていたり、細かい再現要素からこだわりを感じました。
で、正直なところ腕・靴の部分ってけっこう軽視してしまうことがあるんですが、
イメージにピッタリあったものを選ばれていることに目をひかれたりもしました。

元ネタのドラマもニコニコで一挙放送があった程なかなか面白いドラマでして、
この元ネタを選ばれた点も惹かれるものがありました。
(DQ5がお好きと伺いました。 ドラマの方もオマージュしてるから近いよね)


そんなわけで、物まねさん吉さんありがとうございました!
当ブログのため(と勝手に推測?)ツイッターアカウント
お手数おかけして申し訳ないです。

コンゴトモヨロシク お願いしますorz


それでは解説のktzw3と共にここまでとさせて頂きます。
また次回!

IGAAAAAAAAAAAA
(某動画に影響受け過ぎた結果)